津偕楽公園 つかいらくえん

前へ 次へ
昔は「御山荘」(ごさんそう)、または「御山荘山」といい、津藩第11代藩主藤堂高猷公(とうどうたかゆきこう)が 安政年間(1854~60)に別荘を設けたのが始まり。偕楽園の名は高猷公の俳号から きています。自然の丘陵や谷の趣が充分に生かされ、春には桜や紫つつじが咲きほこり、秋には紅葉等 公園に美しい彩りを添えます。
駐車場は50台。

偕楽公園の歴史お散歩ガイド 表面 中面
住所 三重県津市広明町147-1 MAP
電話番号 059-226-1311  (津偕楽公園事務所) Phone
アクセス JR・近鉄津駅西口下車徒歩約3分
伊勢自動車道・津インターから車で約10分
PDF 資料を見るPDF
備考 【駐車場の収容台数及び料金】
公園北側に約50台の無料駐車場(第1駐車場)
(春まつり期間は約50台の別途無料駐車場有り)(第2駐車場)

【問い合わせ先】
津市観光協会:059-246-9020
津偕楽公園事務所:059-226-1311

このスポットの周辺情報