木造毘沙門天立像

もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう

木造毘沙門天立像写真
国指定重要文化財 彫刻
指定 昭和25年(1950)8月29日

像 高   101 ㎝
時 代   平安時代後期(11世紀)
所有者   安濃町善福寺(ぜんぷくじ)

本像は、今徳(こんどく)付近にあった正蔵院(しょうぞういん)の本尊と伝えられていますが、善福寺の「毘沙門天王縁起」によると、土の中に埋もれてい たのを掘り起こして、善福寺の毘沙門堂に安置したと伝えられています。昭和49年(1974)に国の補助金を受けて、収蔵庫を建設し、安置しています。
毘沙門天は多門天(たもんてん)ともいい、須弥山(しゅみせん)の北面に住み夜叉(やしゃ)を従えて北方を守護する仏、仏法を守護する仏、あるいは戦勝護国の仏として各地で崇(あが)められました。

構造は、頭体のほとんどがヒノキの一木から彫られ、両腕は、肩・肘・手首を別材で寄せています。内刳り(うちぐり)は施していません。当初は、彩色(さいしょく)像でしたが、現在はほとんど剥落しています。

両手首から先、天衣遊離(てんいゆうり)部・三叉戟(ささげき)先端部・大袖(おおそで)先端・鰭(ひれ)袖の一部・裾先・及び台座等が後に修理されています。

像容は、頭に冠を被り、甲胄(かっちゅう)を身に着け、顔を正面に向け、表情は、忿怒相(ふんぬそう)と呼ばれ、目尻を吊り上げて、口をカッと開いていま す。右手は、腰において三叉戟を持ち、左手は、肘を曲げて前へ差し出し、宝塔(ほうとう)を捧げ持っています。 腰を右に曲げて右足に重心をかけ、邪鬼を 踏みつけて立っています。

この像の特色は、口を大きく開け、目を見開いて相手をにらみつける表情で、迫力に満ちています。太く短い首やがっしりと張り出した顎も特徴的で、一見すると首がないようにも感じられます。このあたりの表情は巧みで、実際の大きさ以上のものを見る者に与えます。

体部の動きは、正面から見ると「くの字形」に構成されていますが、動勢感はやや乏しく、穏やかです。鎧や衣文の彫りも全体的に浅く表現されています。

この像は、町内に残る平安時代の仏像の中でも、最も優れた作品で、安濃町の古代仏教文化の高さを示す文化財といえるでしょう。 
  • 木造毘沙門天立像その他写真1
  • 木造毘沙門天立像その他写真2
DATA
住所 三重県津市安濃町蓮部217