伊勢亀山城跡 いせかめやまじょう

5つの城郭めぐりのひとつです

前へ 次へ
天正18年(1590)岡本宗憲が築城しました。寛永9年(1632)三宅康盛の代に天守が下ろされ、正保年間(1644~1648)本多俊次が城主の時に天守跡に現在の多門櫓が建てられました。

平屋建白壁の塗込で屋根は入母屋造り、東西北の三方に破風があり、平時は武器庫として利用していました。県内に唯一現存する城郭建造物として、昭和28年に県史跡に指定され、特に桜や積雪の頃は野趣にあふれ、高石垣の上にそびえる多門櫓は今も往時と変わらぬ風情を残しています。
創建年代:安土桃山
住所 〒519-0152
三重県亀山市本丸町 MAP
電話番号 0595-84-5078  (亀山市文化部まちなみ文化財室) Phone
料金 無料
アクセス JR亀山駅下車徒歩11分
東名阪自動車道・亀山ICより10分
公式URL 詳細を見るWeb
備考 城郭めぐりのスタンプは亀山市役所1階受付に設置しています

このスポットの周辺情報