霧山城跡(多気城)

きりやましろあと

祝!続日本100名城、認定!

霧山城跡(多気城)写真
南北朝時代の興国4年(1343)、初代伊勢国司の北畠顕能が築いた山城。 標高560mの天然の要害で、北畠氏は9世代約240年にわたってこの城を 拠点とし、南伊勢を治めました。天正4年(1576)、織田信長の軍勢に よって落城し、北畠氏も滅亡。現在も土塁の跡などが残っています。

多気城下絵図は下記PDFをご覧ください。
詳細な情報はコチラをクリック♪
  • 霧山城跡(多気城)その他写真1
  • 霧山城跡(多気城)その他写真2
  • 霧山城跡(多気城)その他写真3