伊勢本街道

いせほんかいどう

伊勢本街道写真
大和と伊勢を最短でむすび、古くから開けていました。中世には伊勢国司北畠氏の 居城が多気に置かれ、江戸時代には参宮街道として石名原、奥津、上多気に宿場町ができました。峠が多いぶん開発も抑えられ、豊かな自然と歴史情緒がただよっています。

11月23日(水・祝)開催のウォーキングの申し込みはコチラから♪