桜マップは下記リンクへ♪ 津市内の桜の見どころ♪

桜マップ詳細はコチラ♪

【河芸地域】 【津地域】
本城山青少年公園  津偕楽公園
  お城公園(津城跡)
【芸濃地域】  
石山観音公園 【安濃地域】
長徳寺の龍王桜 明合古墳
北神山花街道 曽根橋付近桜堤
錫杖湖周辺の桜  
   
【香良洲地域】 【久居地域】
香良洲歴史資料館 高通児童公園
  榊原温泉街
【白山地域】 陸上自衛隊久居駐屯地桜
亀ヶ広桜並木  
猪の倉温泉 【一志地域】
リバーパーク真見 大仰木河川桜並木
   
【美杉地域】  
君ヶ野ダム公園  
三多気の桜  


START

江姫ゆかりの地!!
伊勢上野城の城跡にある公園に、アスレチック広場や多目的広場、散策広場、日本庭園、が設置されていて、家族連れや仲間で楽しむことができます。

また、上野城本丸跡につくられた展望台があり、遠くは知多半島や鈴鹿山脈の山々が一望でき、四季折々の海や山の風景を眺めることができます。 

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の主人公、江ら浅井三姉妹が住んでたことでも有名な伊勢上野城です。

こちら、展望台2階の資料館では毎週日曜日10時~15時まで開館しております。江姫の事をよりよく知りたい方はぜひお越しください。

※資料館は4月~11月の毎週日曜日(10時~15時) 12月~3月は閉館



伊勢上野城の資料はコチラをクリック!

裏面はコチラ♪

錫杖湖水荘で、水辺の風景を眺めながらの休憩はいかがですか。

春や秋の季節はツーリングもオススメです!

錫杖湖周辺の地図はコチラをクリック♪

大小40数体の仏像が彫られている芸濃の歴史観光名所「石山観音公園」のお祭りで、野点、俳句、詩吟、ブラス芸濃の演奏が行われます。



長徳寺の前の淵に住んだといわれる龍が天に昇る時に、うろことともに残した桜の種から育ったという伝説が伝わる龍王桜があります。三重県の天然記念物に指定されています。



周辺おすすめスポット

錫杖湖水荘

津市の桜の名所のひとつです♪
津市芸濃町北神山(こやま)の安濃川沿いにあり、桜の名所の一つの北神山花街道です。

春になれば、川をはさんだ“桜のトンネル”が表れ、たくさんの見物に訪れる人がいます。



2019年8月10日(土)

日没頃~花火大会実施(約15分間)




国指定史跡

指定 昭和27年10月11日

時 代   古墳時代中期(5世紀前半)

所有者   農林水産省・津市



明合古墳群は、昭和24年に、津高等学校地歴部の古墳見学の際に発見され、鈴木敏雄、山田勘三、村治圓次郎、竹島基三や、梅原末治、斎藤忠氏らの考古学者の調査を経て国指定史跡に指定されました。

この古墳群は、安濃川右岸の経ケ峰から派生する標高40mの台地上に位置しています。形態は、主墳が二段築成の方墳で南北の両辺に造り出しが付き、その特 異な形状から「双方中方墳(そうほうちゅうほうふん)」とも呼ばれています。規模は、一辺約60m、造り出しを含めた全長は81m、高さ約10mを測りま す。



外部施設として墳頂部及び一段目テラスに円筒埴輪列(えんとうはにわれつ)、墳丘斜面には葺石(ふきいし)が確認され、周囲には濠 が巡っています。遺物は、円筒埴輪・盾形(たてがた)埴輪・蓋形(きぬがさがた)埴輪・家形(いえがた)埴輪・須恵器器台(すえききだい)等が採集されて います。また、古墳の墳丘の体積は、盛土とすれば約14,000m3と推定されています。



さらに、周囲には計画的に配置された方形の陪 塚(ばいちょう)5基があります。1号陪塚は、ほとんど壊れていますが、発見当初の規模は、一辺11.7m、高さ1.8mを測り、円筒埴輪や葺石が認めら れます。現在は、一辺8.0m、高さ0.7mの規模となっています。2号陪塚は、「小塚(こづか)」と呼ばれ、現存している陪塚の中では最大で一辺 22.0m、高さ2.0mを測り、葺石・円筒埴輪列が確認されています。また、須恵器片が採集されています。3号陪塚は、痕跡のみで墳丘規模は不明です が、発見当初は、1.0m程度封土が残存していたようで、円筒埴輪、蓋形埴輪片が採集されています。4号陪塚は、周辺を開墾されているため、墳丘の形状は 不明瞭ですが、一辺16.0m、高さ1.5mを測ります。5号陪塚も開墾などで墳丘の形状は不明瞭ですが、一辺15.1m、高さ0.7mを測り、埴輪片等 が採集されています。なお、主墳及び陪塚の内部主体・副葬品などは不明です。明合古墳群の形成された時期は、採集されている遺物から5世紀前半~6世紀初 めと推定されます。



明合古墳群の主墳は、5世紀前半の安濃川流域最大の首長墳で、以後、三重県下でこのような規模・形態の古墳が築造されていないことを考えれば、三重県の古墳文化を考える上で極めて注目される古墳群です。 

津偕楽公園春まつりの中止について
全国的に新型コロナウイルス感染症の感染が広がる中、国においてはイベントの自粛要請をさらに延長し、様々なイベント等が中止、延期されているとともに、三重県内における感染症患者が増加していることを踏まえ、令和2年津偕楽公園春まつりについては、中止することとしました。

なお、例年同様に桜を楽しみに津偕楽公園を訪れる方に対しては、感染症拡大防止対策を講じるとともに、安全対策として次のとおり照明、駐車場、交通規制、警備等を行います。




≪安全対策≫

■交通渋滞の防止・緩和

・周辺道路の交通規制(一方通行)を行いますのでご協力ください。(添付の周辺地図をご確認ください)

・周辺の交通渋滞や路上駐車を防止するため、公園内外に警備員を配置し交通誘導を行います。

 

■照明設備の設置

・安全に桜を鑑賞できるよう、公園内の遊歩道に照明を設置します。

・安全に津偕楽公園を訪れることができるよう、三重県庁駐車場から津偕楽公園までの道中で視界が悪い箇所に照明を設置します。

 

■駐車スペースの確保

・駐車場内でのトラブルを避けるため、公園内駐車場に警備員を配置します。

・多くの花見客で混雑が予測される土曜日、日曜日については、三重県庁外来駐車場を借用し、駐車スペースを確保します。

(3月28日(土)、29日(日)、4月4日(土)、5日(日)に限り三重県庁外来駐車場をご利用できます)



≪感染症拡大防止対策≫









■花見に訪れるみなさまへ(お願い)

新型コロナウイルス感染症への対策として、以下の点について十分な対策を講じてください。

・手洗い場にせっけんを置きますので、手洗いを積極的に行ってください。

・レジャーシート等を敷いての飲食や食べ歩きは控えていただき、可能な限り人との距離を確保してください。

・咳やくしゃみをするときは咳エチケットを心がけてください。

・右記の「新型コロナウイルス感染症予防チラシ」もご覧ください。


 


津偕楽公園内トイレ:有(公園内6個所)



春まつりは中止としましたが、茶店等につきましては新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策を講じたうえで出店されます。

現在営業中の茶店のお問合せ一覧(令和2年3月24日現在)



※その他桜の名所はコチラ♪

築城の名手・藤堂高虎が手がけた城。美しい城跡公園でゆったりと散策を。
津のランドマークともいえる津城。お城公園として美しく整備されており、お堀端や庭園を眺めながらの静かな散策を楽しめます。庭園は繊細な日本庭園と近代的な西洋庭園の2つ。春の桜、初夏のアジサイ、秋の紅葉など、四季折々の情緒ある風景が広がり、中でも春は、苔むす石垣と桜のコントラストが格別の美しさです。



織田信包が創築し、築城の名手・藤堂高虎に大改修されたこのお城。天守台や櫓(やぐら)もあり、本丸と西の丸の連なる石垣は見事。立派な高虎の騎馬像もご覧あれ。



隣接している高山神社もぜひご参拝ください!



平成30年4月6日(城の日)より、お城東駐車場内に津城のガイド詰め所がオープンいたします。

土日祝9時~16時半までボランティアガイドの方がご案内していただけます。

※新型コロナウイルス感染防止のため、令和2年2月29日(土)、3月1日(日)、3月7日(土)、3月8日(日)は閉館いたします。





津の“水”を学ぶならココ!
津市水道資料館は、平成元年12月24日に本格的な水道資料館として片田貯水池の南に隣接して開館しました。市民の皆さんに水の重要性を理解していただき、水道の歴史や仕組みを展示パネルや映像で学んでいただくことを目的にしています。津市水道資料館にぜひお立ち寄りください。



四季を通じて水と緑の自然に触れる憩いの場です。片田貯水池敷地内にあり、楽しみながら水道の歴史や仕組みについて理解を深める事ができます。水道創設時の大正15年10月に建築された旧管理事務所も復元され、資料館として公開されています。
GOAL

  • このコースのルートマップ

コースで紹介したスポットの詳細を見ることができます。

本城山青少年公園(伊勢上野城跡)

江姫ゆかりの地!!

閉じる 詳細
ルートを検索

錫杖湖の桜

閉じる 詳細
ルートを検索

石山観音公園・石山春まつり

閉じる 詳細
ルートを検索

長徳寺の龍王桜

閉じる 詳細
ルートを検索

北神山花街道

津市の桜の名所のひとつです♪

閉じる 詳細
ルートを検索

明合古墳群

閉じる 詳細
ルートを検索

津偕楽公園春まつり 桜・つつじ

津偕楽公園春まつりの中止について

閉じる 詳細
ルートを検索

津城跡(お城公園)【祝!続日本100名城】

築城の名手・藤堂高虎が手がけた城。美しい城跡公園でゆったりと散策を。

閉じる 詳細
ルートを検索

津市水道資料館

津の“水”を学ぶならココ!

閉じる 詳細
ルートを検索