• HOME
  • めぐる
  • > 城郭めぐり~伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽~

5つの城郭をめぐるスタンプラリー開催!

城郭めぐり~伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽~

パンフレット(MAP)を見る
城郭めぐり~伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽~

 

伊賀上野城(上野公園)

 

伊勢亀山城跡

 

津城跡(お城公園)【祝!続日本100名城】

 

松坂城跡(松阪公園)

 

鳥羽城跡

2016年大好評だった城郭めぐりが帰ってきました!
今回は戦国時代の武将たちが礎を築いてきた5つの城郭が旅の舞台です!そこには今も脈々と続く歴史があり、興味深い発見があります。さらに、その地域独自の味わいや心安らぐ憩いの場所など新しい出会いもあります。スタンプラリーに続き、今回は、豪華景品が抽選で当たる応募ができる企画もあります。めぐる楽しみがもうひとつ増えました。さぁ!お出かけください!

応募用紙はコチラをクリック!
スタート

 

伊賀上野城(上野公園)
1
大阪への備えは万全 高虎の白鳳城
(いがうえのじょう うえのこうえん)

上野城は、白い三層の美しい城郭が鳳凰が翼を休める姿に見立てられ『白鳳城』とも呼ばれています。

築城の名手『藤堂高虎』が1608年に伊勢国津藩(三十二万石)の藩主に着任し、五層の天守閣を建設しますが、慶長17年(1612)当地を襲った大暴風で倒壊。

現存する天守閣は昭和10年に復元されたものですが、石垣と内堀は高虎が築城した当時のままです。

なんと、石垣は日本1、2の高さを誇ります。(@_@)

そして、天守閣には横山大観、川合玉堂をはじめとする著名人の天井画があります。



【上野城豆知識】

城跡は昭和42年12月27日に国の史跡名勝記念物に、天守は昭和60年3月18日に伊賀市有形文化財に指定されました。

天守台にある3層3階の天守は昭和初期築の模擬天守で、正式には「伊賀文化産業城」といいます。

内堀の石垣は30mという日本有数の高さを誇り、美しさも兼ね備えています。

また、この石垣は黒沢明監督の映画【影武者】のロケ地としても使われました。



住所 〒518-0873
三重県伊賀市上野丸之内106
電話番号 0595-21-3148 (伊賀文化産業協会)

 

伊勢亀山城跡
2
5つの城郭めぐりのひとつです
(いせかめやまじょう)

天正18年(1590)岡本宗憲が築城しました。寛永9年(1632)三宅康盛の代に天守が下ろされ、正保年間(1644~1648)本多俊次が城主の時に天守跡に現在の多門櫓が建てられました。



平屋建白壁の塗込で屋根は入母屋造り、東西北の三方に破風があり、平時は武器庫として利用していました。県内に唯一現存する城郭建造物として、昭和28年に県史跡に指定され、特に桜や積雪の頃は野趣にあふれ、高石垣の上にそびえる多門櫓は今も往時と変わらぬ風情を残しています。

創建年代:安土桃山

住所 〒519-0152
三重県亀山市本丸町
電話番号 0595-84-5078 (亀山市文化部まちなみ文化財室)

 

津城跡(お城公園)【祝!続日本100名城】
3
築城の名手・藤堂高虎が手がけた城。美しい城跡公園でゆったりと散策を。
(つじょうあと おしろこうえん)

津のランドマークともいえる津城。お城公園として美しく整備されており、お堀端や庭園を眺めながらの静かな散策を楽しめます。庭園は繊細な日本庭園と近代的な西洋庭園の2つ。春の桜、初夏のアジサイ、秋の紅葉など、四季折々の情緒ある風景が広がり、中でも春は、苔むす石垣と桜のコントラストが格別の美しさです。



織田信包が創築し、築城の名手・藤堂高虎に大改修されたこのお城。天守台や櫓(やぐら)もあり、本丸と西の丸の連なる石垣は見事。立派な高虎の騎馬像もご覧あれ。



津市の桜の名所でもあります♪



住所 三重県津市丸之内27

 

松坂城跡(松阪公園)
4
城郭めぐり参加中♪
(まつさかじょうあと まつさかこうえん)

天正12年(1584)、羽柴秀吉により松ヶ島城に封ぜられた蒲生氏郷が、飯高郡矢川庄四五百の森の独立丘陵に目をつけ、夜を日に継いで同16年(1588)に入城できた平山城がかつての松坂城です。誇らしげにそびえ立つ石垣は、松阪のシンボル的存在。桜や藤、銀杏が石垣を彩り、四季を通じて市民に親しまれている。城跡からは城下町の面影を残す町並みを一望できる。平成23年2月7日 国の史跡に指定されました。

住所 〒515-0073
三重県松阪市殿町1539
電話番号 0598-23-2381 (松阪市立歴史民俗資料館 )

 

鳥羽城跡
5
城郭めぐり参加中♪
(とばじょうあと)

九鬼嘉隆が文禄3年(1569)に築城。以後九鬼水軍の本拠地となっていました。

大手門が海側に突出して作られるという全国でも珍しい形をしており、この大手波戸水門が出入り口となっていました。

現在は二の丸跡に鳥羽小学校が建てられ、本丸跡は同校のグランドとなっており、天守閣の石垣などにわずかに面影を残すので、鳥羽城本丸石垣下西方に記念碑が立っています。

住所 〒517-0011
三重県鳥羽市鳥羽1-10-48
電話番号 0599-25-8255 (鳥羽市歴史文化ガイドセンター)

 

ゴール
コースで紹介したスポットの情報は当サイトにて詳しく見ることができます。