大河ドラマ記念 江ゆかりの地をめぐる旅

高田本山 専修寺

(たかだほんざん せんじゅじ)

高田本山 専修寺(たかだほんざん せんじゅじ)1
  • 高田本山 専修寺(たかだほんざん せんじゅじ)1
  • 高田本山 専修寺(たかだほんざん せんじゅじ)2
  • 高田本山 専修寺(たかだほんざん せんじゅじ)3

※クリックすると画像が切り替わります。

親鸞聖人の御教えを受け継ぐ、全国600以上の真宗高田派の総本山、高田本山専修寺。
国の重要文化財に指定されている全国屈指の木造建築物、御影堂をはじめ、同じく国の重要文化財である如来堂、国宝である親鸞聖人御直筆の書、県指定名勝の茶席・庭園など、広大な境内に見どころが満載です。
お江が津で過ごした1574年~1582年頃、専修寺は一身田無量寿寺と呼ばれ、人々の厚い信仰の対象でした。江が安濃津城に居を移した1580年には、火災で御堂が焼失するという大事件が起こり、お市、江ら三姉妹もさぞかし心を痛めたことだろうと想像されます。

住所
津市一身田町2819
TEL
059-232-4171
御堂参拝時間
6:00~15:30 参拝無料
交通機関
JR 『一身田』駅 徒歩5分
近鉄『高田本山』駅 徒歩15分
ホームページ
http://www.senjuji.or.jp/
その他
詳しくはこちら
2009津クィーン 柘植彩花さん
2009津クィーン 柘植彩花さん
「お市の方は、兄が夫の仇という複雑な状況下にあり、三姉妹の行く末を案じる気持ちでお参りをしていたのではないか、と思います」

一身田寺内町の館

(いっしんでんじないちょうのやかた)

一身田寺内町の館(いっしんでんじないちょうのやかた)1
  • 一身田寺内町の館(いっしんでんじないちょうのやかた)1
  • 一身田寺内町の館(いっしんでんじないちょうのやかた)2
  • 一身田寺内町の館(いっしんでんじないちょうのやかた)3

※クリックすると画像が切り替わります。

一身田寺内町とは、高田本山専修寺を中心に発展した戦国時代から続く歴史ある寺内町です。排水や外敵に備え、町の外周に水掘をめぐらせた『環濠』がほぼ完全な形で残されるなど、多くの文化財や歴史的な町並みを現在に伝えています。
町めぐりの拠点としたい『一身田寺内町の館』は、専修寺から徒歩2分。寺内町の歴史・文化を紹介した写真や復元模型を展示している他、無料のガイドマップ配布、そして無料ボランティアガイド同伴による散策ツアーを申し込むことができます。(1週間前までに要予約)

住所
津市一身田町758
TEL
059-233-6666
開館時間
9:30~16:00 入館無料
休館日
月曜・年末年始
交通機関
JR 『一身田』駅 徒歩7分
近鉄『高田本山』駅 徒歩14分

伊勢木綿

(いせもめん)

伊勢木綿(いせもめん)1
  • 伊勢木綿(いせもめん)1
  • 伊勢木綿(いせもめん)2
  • 伊勢木綿(いせもめん)3

※クリックすると画像が切り替わります。

室町時代より肥沃な土地、水、天候を活かして綿花の一大産地であった伊勢の国津。その織物は「伊勢木綿」として有名になり、飛躍的な発展を遂げました。
江戸時代から続く伊勢木綿の製造元『臼井織布』は、専修寺から徒歩7分。
昨今の和服ブームにより、伊勢木綿の落ち着いた風合いが人気となり、現在では東京・京都の有名デパート等に卸している他、テレビや雑誌の取材も多数受ける、津の隠れた名所です。製造元ならではの豊富な反物や小物は直接販売も可能。事前にお電話の上、ご訪問ください。
※写真の反物18,000円~、財布・ポーチ1,000円~、木綿布2,000円~

会社名
臼井織布株式会社
住所
津市一身田大古曽67
TEL
059-232-2022 ※訪問前に要電話
営業時間
土日休業
交通機関
JR 『一身田』駅 徒歩20分
近鉄『高田本山』駅 徒歩25分
ホームページ
http://www.smmnet.jp/isemomen/

(社)津市観光協会

〒514-0009 三重県津市羽所町700番地 アスト津2F
Tel: 059-246-9020 Fax: 059-221-0811
営業時間: 9:00~18:00 休日: 年末年始のみ

江ゆかりの地をめぐる旅トップへこのページのトップへ