イベント・祭り

宮踊り(風采踊り) 

ふうさいおどり

昭和45年に三重県無形民俗文化財に指定

宮踊り(風采踊り) 写真
この祭りは、香良洲神社での奉納一番くじによって踊る順番を決めますが、それを字(集落)によって定めるためケンカが始まるので、他郷の人々からは、別名「香良洲のケンカ踊り」とまで言われています。
 しかし土地の人々は香良洲神社で踊るため、これを「宮踊り」と言います。祭り当日、各区の踊り子は、まず香良洲神社の神前で踊り、その後各区へ戻ってから翌日の午前中まで、不眠不休で踊り続けます。
 踊り子は、頭から鳥毛のカブトという「かんむり」をつけ、頭からたれた鳥毛が顔を隠し、衣服は浴衣染めのジュバンを着て浴衣のモモヒキをはき、足はワラジを履いて、肩からカンコを吊るします。
 そのカンコ太鼓にたれる胴巻きは、各区ごとに違い、馬場区であれば「馬」の模様の縫取りの胴巻きといったもので、区の自慢話になるほど立派なものです。
 毎年7月15日に徹宵で行われる「夜がらす祭」とともに、賑やかな夏の風物詩として町民に親しまれており、祭り当日は、地区全体が活況に包まれます。 
  • 宮踊り(風采踊り) その他写真1
  • 宮踊り(風采踊り) その他写真2
  • 宮踊り(風采踊り) その他写真3
DATA
開催期間 毎年8月15日
会場名 香良洲神社
住所 三重県津市香良洲町高砂3675-1